スポンサードリンク

女性を磨く98の知恵サイトトップ >ダイエットの噂 | 女を磨く >> トコちゃんベルトの効果とは

昔から「どっしりと大きいお尻は安産型」と言われてきましたが、本当でしょうか?出産の寸前まで農作業などの重労働をしていた頃の女性は、靭帯も筋肉も強かったため、簡単には骨盤の関節はゆるまず、広い骨盤の女性は出産に有利だったのです。
ところが、現代の女性は違います。
農作業はおろか縄跳びなどの外遊びもあまりせず、どこに行くにも車に乗って育ったのですから、靭帯も筋肉もとても弱くなっています。
そのため、妊娠する前および妊娠中から骨盤の関節がゆるみすぎていて、骨盤の内腔が広く、内臓を支える力が弱くなっています。そのため、様々な内臓下垂症状が起き、子宮や胎児が下がり過ぎて早産しやすくなります。また、早産はまぬがれても、赤ちゃんの頭が早くから骨盤内に降りていると、生まれやすい姿勢で骨盤に入らないため、安産はできません。
靭帯は短期間に強化することはできません。ましてや妊娠中に強化することはできません。しかも妊娠中はホルモンの働きでドンドン骨盤はゆるみ、お尻は大きくなっていきます。妊娠初期でも中期でも、腰や恥骨が痛んだり、尿がもれやすくなったり、下腹部(子宮)が痛くなったり硬くなったりしたら、すぐに骨盤を締めましょう。
 産後にウエストサイズが戻っても、大尻・下腹ポッコリ・O脚・下半身デブ、妊娠前のジーンズが脚の付け根にひっかかってはけないなんて・・・。予防策はただひとつ、骨盤をゆるませすぎないことです。
 しんどい体では、楽に赤ちゃんを育てることもできません。きゅっと締まったキュートなお尻で、妊娠中も産後も子育ても楽々に! 締めるべきは骨盤です!

とHP(http://www.tokochan.com/)に載っていました。



トコちゃんベルトには、トコちゃんベルトⅠとトコちゃんベルトⅡとがあります。
どちらのベルトにするかは、あなたの体の状態によります。
HPにてベルト選びのチェック項目があるので自分にあったベルトを選びましょう。

トコちゃんベルトⅠは骨盤を後ろから前に締めるベルトで、恥骨が開いているときやゆるんでいるときに即効性があります。
ダブルに止められるため、しっかり締まります。


トコちゃんベルトⅡは妊娠中の骨盤関節の緩みを防ぎ、産後の骨盤関節の緩みの回復を促進させます。
従来の骨盤ベルトと違い、締め付ける力のかかり方が身体の横から後ろへとお尻の割れ目の両側を締め付けますので、お尻の痛みや、産後の大尻、O脚の予防と改善に効果的です。産後に必要がなくなれば、ご両親やご主人の腰痛対策にもお試し下さい。
私も腰痛もちで育児で少しひどくなり産後一年は巻いていました。

私は2人目の出産後、病院の助産師に勧められてトコちゃんベルトⅡを着用していました。出産後すぐにしめたのと助産師さんの対応がよかったので初めはLサイズを締めていましたが退院まじかには(出産5日後)骨盤のもどりが早かったのでベルトがLサイズからMサイズ着用がちょうど良いサイズになりました。
人によって2サイズ必要になるかもしれませんね。
一人目の時と2人目妊娠中ははトコちゃんベルトの重要性を知りませんでした
のでトコちゃんベルトを着用したのは出産後です。
でもたしかに出産で開いた骨盤はしまって戻りました感は一人目出産後よりあります。
一人目出産後は市販の産後ニッパーをまいていました。
が、妊娠前のジーパンが骨盤のところで引っかかって履けませんでしたが。
二人目出産後はトコちゃんベルトⅡの効果で骨盤のしまりが早く
妊娠前のジーパンが履けました。まあ多少ウエストラインはきつかったですが(^・^)
腰のライン(骨盤)はすぅーと、ジーバンが通過してくれました。

妊娠中から骨盤ケアは大事だと思います。
そして適度な運動が安産の道だと思います。
※けして無理しないようにおなかが張りやすい方や持病のある方は主治医とご相談してくださいね。



スポンサードリンク

cenweb1 at 15:17│clip!ダイエットの噂 | 女を磨く