スポンサードリンク

女性を磨く98の知恵サイトトップ >足痩せ | 美容整形 >> 帝王切開で使える産後ガードルはあるの

帝王切開だと傷口が痛くてニッパーなど巻くのが怖いという話をよく聞きます。
私は普通分娩でしたが一人目の時は会陰切開(えいんせっかい)の傷が痛いのとおろが酷かったのでまた子宮が収縮していく痛みだと思いますがとりあえず痛くて
ニッパーとかほとんどできませんでした。
なので帝王切開ならなおさらできないかなあと思います。

自然分娩でもそうですがウエストをしめるよりはまず骨盤矯正が大事です。
骨盤を正しい位置にもどすのです。
骨盤を正しい位置に戻さずにまたは開いた状態でお腹周りを締めると
内臓が下に下がってきて子宮脱などの原因になるそうです。

自然分娩で出産された方はもちろん妊娠中から骨盤は開くそうです。
だから帝王切開で出産された方も骨盤を正しい位置に戻すことが大事だと思います。

私は2人目を出産したときに担当の助産師さんから
トコちゃんベルトⅡをすすめられてつけました。
一人目のときは骨盤矯正の重要性を知らなかったので
普通の産後すぐ使えるニッパーを使用していました。

一人目の時はしばらくの間は妊娠前のジーパンがはけませんでした。
ウエストがきついというか骨盤のところで引っ掛るのです。
しかしトコちゃんベルトⅡを着用していた2人目わりとすぐに
妊娠前のジーパンが履けました。

しかしトコちゃんベルトでも難点が1つあります。





トコちゃんベルトを使用して骨盤は締まりました。
しかしトコちゃんベルトを巻くとおしりをつぶしてしまう形になってしまいます。
骨盤にとってはいい感じですがおしりにとってはあまりいい感じではないです。

産前産後トコちゃんベルトを巻いて、骨盤がある程度しまった感が出てきたら。
おしりの丸みを美しく保つガードルを併用したほうがいいかもと思いました。
あくまでも自分の経験上ですが・・・・
ガードルでも骨盤をしめる効果がある物も出ているようで、
ネットで調べるとワコールのシェイプマミーガードルがよく売れているようです。
普段はトコちゃんベルトを巻いて、外出時はおしりの丸みを保つガードルと使いわけしたらいいですね。



スポンサードリンク

cenweb1 at 15:17│clip!足痩せ | 美容整形